ASAGAYA JAZZ STREETS

趣意書

阿佐谷といえは、ケヤキ並木と夏の七夕まつり・・・・。

 この阿佐谷界隈は、古くは文士、そして戦後は多くのジャズマンや映画人を輩出した街として知られています。そんな阿佐谷の街をもう一度、「文化の根付く街」「文化への貢献」そして「楽しいジャズの響きでいっぱいにしたい」と阿佐谷のまちづくりの会、区役所、そして街の有志が集まり、実行委員会を発足し1995年から始まった阿佐谷ジャスストリートです。

 特定地域でのイベントの為、スポンサーを付けず協賛金とチケット(協力券)のみでの運営という他のジャズフェスティバルでも前例が無い運営方法が取られているため、長期開催は不可能と思っていましたが、スタッフは全員ボランティアとして、出演者の方々も趣旨に賛同頂き、出演料ではなく、足代程度のお礼で参加して頂いている事で成り立っています。

どうか、阿佐谷ジャズストリートが東京の新しい秋の風物詩とするために皆様のご支援、ご協力をお願いします。

阿佐谷ジャズストリート実行委員会


趣旨

阿佐谷周辺の通りや商店街、公共施設などで老いも若きも多くの人が楽しめるジャズストリートを実施し、以て地域のまちづくりと音楽文化の向上に寄与する。

開催日

2000年10月下旬予定

内容

【1】 JR阿佐ヶ谷駅や中杉通りをはじめとする通りでのストリート演奏を行い、期間中の街の雰囲気をジャズ演奏で盛り上げる。
【2】 街の通りや商店街にジャズのライブ演奏をするスポットを設け、共通パスポート券で演奏が楽しめる様にする。
【3】 杉並第一小学校体育館にてアマチュアや、小・中学生の演奏を行い、世代を越えた音楽による交流を育む。
【4】 地域センターにおいて時代を担う新人ミュージシャンやプロを目指すアマチュアミュージシャンの共演を実施する。(コンテスト形式)
【5】 幅広いジャズのジャンルと余すことなく聴いてもらえる企画内容。

出演者

【1】 プロのミュージシャン
・趣旨に賛同していただけるジャズメンに出演を依頼
・出演者はディキシーからスイング、モダン、ビッグバンドからヴォーカルなど多彩で、いずれも実力者揃い。
(2日間出演ミュージシャンは総勢300名以上)
【2】 アマチュアバンド
・小・中学生のブラスバンドや区内の社会人バンド、高齢者バンドの出演を依頼。
【3】 新人ミュージシャン
・熱意と才能ある若手ミュージシャンの参加を依頼。
【4】 講演&ライブ
・ジャズについての講演を実演奏を聴きながら体験。

予算

【1】 パスポート券(協賛券)・個人、企業からの協賛金で運営
【2】 プログラム広告費で印刷物の製作を賄う
【3】 物販収益でスタッフジャンバーやスタッフTシャツ等の製作を賄う

宣伝・告知

【1】 地域を中心に都内近郊等へポスター、チラシにての草の根的に告知。
【2】 プレス等へのアプローチ

実行委員会

【1】 地元商店街、景観まちづくりの関係者、地域ジャズ関係者を中心に賛同する団体、個人による実行委員会で運営。
【2】 当日、事前の運営に協力してもらうサポーターを募る。

'99年度後援

杉並区、杉並区教育委員会、東京商工会議所杉並支部

'99年度運営協力

杉並警察署、杉並消防署、東京電力杉並支社、JR阿佐ヶ谷駅





阿佐谷ジャズストリート事務局
〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3-12-1 栄ビル3F
Tel.03-3392-1658 Fax.03-3220-5962
E-Mail:
asagaya-jazz-streets@artist-contribution.com


このページに掲載されている全てのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は
阿佐谷ジャズストリート事務局の承諾なしに無断転載することはできません。
copyright
ARTIST CONTRIBUTION. 1999